Numberのダルビッシュ進化論面白い!

まずはサブ4!

Number1014号 ダルビッシュ進化論。

最新号のNumber(1014号)ダルビッシュ進化論。がなかなか面白い!
今シーズン、日本人として初めてMLBで最多勝を獲得したダルビッシュの特集号なのですが、面白いことが盛りだくさんでした!
その中で『25歳時より「体は強い」と言い切る。』ということが書かれているということで恥ずかしながら自分のことを考えてみました。

ダルビッシュ進化論
Sports Graphic Number 1014号

30代の私ですが、「年取ってきたなぁ」と思うことが多かったんです。
でも、最近の体調を考えると、もしかしたら「自分も体強くなってるかも?!」ということで体調についてでーす。

何をもって衰えというか

一般的に、老化ということは「生物学的には時間の経過とともに生物の個体に起こる変化。その中でも特に生物がに至るまでの間に起こる機能低下やその過程を指す。」(wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/老化)

らしいですが、こういうことを言いたいんじゃなくて、個人個人が感じるところの衰えについてです。

私、個人的には、お腹周りの肉がつきやすくなって代謝が落ちてきたと感じるとか、筋肉痛が遅れてやってくるとか?そんなことをイメージしますが、一番は疲れが取れない、疲れが溜まりやすいということでしょうか。

徹夜なんかした日には、次の日はボロボロでしょうね。
コロナウイルスでこんな状況になる前(数年前)は結婚式の二次会後にカラオケ行って、さらにラーメンのはしごをして、とかやって訳分からなくなってましたが、それももう無理かなぁ。

結論、体力の衰えが私的には老化です。

体力をつける!

ということで、私としては、走ることですね。
走る習慣は20代の頃からずーっとあるのですが、まともにまとまった距離を走るようになったのはここ数年。
というか、フルマラソンを初めて走った2016年ということになります。

と言っても、最初の頃は1ヶ月に全く走らないこともあったりしました。
今年も2月はたったの8.5kmしか走っていません笑

それが、このブログをWord Pressで始めた9月から真面目に走るようになりました。

9月:53.4km
10月:65.9km
11月:39.4km(11月8日現在)

走るのは、土日のどちらかと平日の帰宅時。
土日両方走ると、小さな子供がいるのに私だけ好きなことをやっているようで妻に悪いというのがあります。
また、平日は残業して頑張った自分へのご褒美として帰宅ランをやっています!
(えっ?変態???)

仕事にもメリット!

体力がついてくると、仕事に向き合う体力もついてくることになります。
医者の親戚で、手術での体力を養うために毎日走っているという人がいますが、やっぱり効果は抜群だそうです。(医者の個人的な感想)
もちろん私も体力がついてきて集中力が増したなとは思います。

あと、ご褒美帰宅ランなのですが、その日はニンジンをぶら下げられた馬のように仕事を頑張ります笑
だって走れるんだもん!
好きな音楽聴きながら無心で走って、汗をかいて、これがリフレッシュ以外のなんなんでしょうか?!

そして、最近体調がすこぶる良い。
体が軽いし、ウエストもほっそりしたような・・・
遅くまで残業しても正直そこまで辛くないですね〜
メンタル的にも頻繁に走ってリフレッシュできているので、嫌なことはすぐ忘れてしまっています笑

好きだから続く!

走ることについては、いろんな考え方の人がいると思います。
私の周りでも、「よくやるね、大変じゃない?」とか「そこまでしてダイエットしたいの?」とか。(私の場合、ダイエットは目的ではなく、結果的に健康的でいられればいいなというくらいです)

中にはダイエットのために辛いけど一生懸命走っている人もいると思います。
続くうちはいいと思いますが、やめたくなった時、やめてもいいと思います。
嫌なのに走るなんて、それはもったいない。

せっかく走るなら楽しく!

ぜひNumber読んでみて!

身体的なこと、精神的なこと、いろんなことを今回はダルビッシュが語っています。
私は野球がもともと好きだからというのもあり、どんどん読み進めまられましたが、今回の号は、野球に興味のない人でも読んでみる価値ありです。

他のスポーツ、ビジネス、子育て、いろんなことをする上で大事なこと書かれてます!

ダルビッシュ進化論
Sports Graphic Number 1014号

コメント

タイトルとURLをコピーしました